完全成果報酬MEO対策「匠MEO」について成果報酬MEO事業「匠MEO」

MEO対策とは

成果報酬MEO対策

MEO対策とは、「Map Engine Optimization」の略で、Googleの検索結果やGoogleマップで自店舗のGoogleビジネスプロフィールの表示順位を上げるための対策のことです。

例えば、Googleで「渋谷 歯医者」と検索したとき、検索結果にGoogleマップが表示され、店舗の情報が表示されると思います。
あるいは、Googleマップアプリで同様に検索をした際にも、店舗情報の一覧が表示されます。

これらのリストで上位に表示するための対策がMEO対策になります。

実店舗を持つビジネスにとって、MEO対策の結果、お客様の目に触れる機会を多く作れるかどうかは実際の来店客数を大きく左右するようになってきています。

成果報酬MEO対策

MEO対策が効果的な業種と効果的でない業種

成果報酬MEO対策

効果的な業種① 地域名を入れて検索をする業種

MEO対策はマップの対策になるため、必然的に、地域名を入れて検索をする業種は非常に効果的です。

例えば、歯医者・エステサロン・整骨院・治療院・学習塾・教室・フィットネスジム etc...

店舗があるような業種ですと効果が高いです。

効果的な業種② 緊急性の高い業種

緊急性の高い業種も効果的と言えます。

例えば、水道修理・トイレ修理・鍵交換 etc...

緊急性の高い場合、「すぐに来てもらえるところにあるのか?」が気になり、地図上で店舗を確認して検討する傾向があります。

そのため、緊急性の高い業種はMEO対策は効果的と言えるでしょう。

効果的でない業種① 地域が絡まない業種

逆に、地域がさほど関係ない業種はそこまで効果的とは言えません。

例えば、ネットショップ・オンラインカウンセリング etc...

検索して探す際に検索キーワードに地域が入らず、そもそもマップが表示されないことが多いため、なかなか集客効果は実感しにくいです。

効果的でない業種② 選ぶ基準に地域性が低い業種

また、完全にオンラインのビジネスではないものの、選ぶ基準に地域性が低い業種もなかなか効果が高くなりません。

例えば、コンサルタント・印刷業 etc...

こういった業種はお客様が来店するというよりは、比較的広い範囲で事業主側から出向くことが多く、地域性があまり考慮されない業種と言えます。

そういった業種ですと、なかなか効果を実感することは難しいかもしれません。

MEO対策の対策方法

成果報酬MEO対策

MEOで上位表示されるためには以下の要素の対策が必要になります。

①Googleビジネスプロフィールの情報の最適化

ユーザーに効果的に情報を伝えられるように、Googleビジネスプロフィールに登録されている情報を最適化する必要があります。

具体的には、タイトル、内部テキスト、各種登録情報、投稿内容の最適化などを行います。

②サイテーション

サイテーション(Citation)とは、店舗の名称、住所、電話番号(NAP情報)が、インターネット上の様々なウェブサイトやディレクトリに掲載されることを指します。

サイテーションで重要な点としては、

「一貫性」=同じNAP情報が使用されていること

「正確性」=掲載されている情報が最新で正確であること

「関連性」=業界や地域に関連したサイトでのサイテーションであること

などが重要とされています。

③外部施策

様々な各種サイトからのナチュラルなリンクも効果的です。

④アクション率

投稿に対するクリック率や滞在時間、モバイルクリックによる通話などのアクションに関する指標が高いと効果的です。

⑤クチコミの強化

クチコミの件数やクチコミの評価、クチコミの頻度など、各種指標を伸ばす必要があります。

⑥リンク先のWebサイトの最適化

GoogleビジネスプロフィールからリンクするWebサイトも考慮されますので、Webサイトの最適化や構造化マークアップなどを整える必要があります。

MEO対策の費用・料金と成果報酬MEOについて

成果報酬MEO対策

MEO対策を検討する際、多くの事業者が直面するのが費用の問題です。通常のMEO対策サービスでは、初期費用と月額の対策費用が定額で発生します。これは、結果に関わらず固定の費用がかかることを意味し、特に中小企業や新規事業にとっては大きな負担となる可能性があります。

一方、成果報酬MEOは、指定したキーワードで上位に表示されたときにしか費用が発生しません。

今現在、Googleの検索結果ですと、Googleマップ部分に表示される店舗は3店舗までになります。

つまり、指定したキーワードで3位以上になったときにしか費用がかかりません!

成果報酬MEOにすることで以下のメリットがあります。

費用面のリスクを抑えられる。

「初期費用も、月額費用も支払っているのに上位に表示されずにユーザーに見てもらえない」ということが無く、

上位表示されなければ費用がかからないため、投資リスクが大幅に軽減されます。

対策会社と同じモチベーションで対策ができる。

上位表示に成功しなければ、MEO対策を実施する対策会社側も何も費用がもらえません。

そのため、上位表示に全力を注ぐため、事業主と同じモチベーションで対策をすることができます。

成果報酬MEOは、「成果が出た分だけ支払う」という理想的な形で、限られた予算で最大の効果を求める事業者にとって非常に魅力的な選択肢と言えます。

成果報酬MEO対策「匠MEO」の特徴

成果報酬MEO対策

当社、匠Lauren株式会社では、成果報酬型のMEO対策として、「匠MEO」をご提供しております。

①3位以内に入るまで費用がかからない完全成果報酬型

匠MEOでは、初期費用を含め、Google検索結果の1ページ目で表示される、マップ内での3位以内に表示されるまで一切費用をいただきません。

従来の成果報酬MEO対策の業者の中には「成果報酬とは別に初期費用を事前にいただく」という業者もありました。

その場合、初期費用を支払ったけれど、いっこうに上位表示されず、初期費用を無駄にしてしまう可能性があります。

中には、もともと検索での上位表示のための対策を行うつもりもなく、初期費用だけもらって放置するような悪質な業者もあるようです。

匠MEOではそんな可能性はありません。

なぜなら、3位以内に入るまで、初期費用も含めて一切費用をいただかないからです。

当社は、お客様のMEO対策を依頼いただく前に不安を取り除き、安心してご依頼いただきたいと思っています。

「初期費用がかかるなんて聞いていなかった」といったことは絶対にございませんのでご安心ください。

さらに、地域密着型ビジネスの特性を理解し、Googleマイビジネスの最適化やローカルコンテンツの充実など、MEOに特化した戦略を展開します。

お客様の店舗や事業所が、地域の検索結果で際立つよう、全力でサポートいたします。

②適切な対策を実施

匠MEOでは、Googleマイビジネスの最適化と地域特化型コンテンツの充実を徹底いたします。

これらの施策は、Googleのローカル検索アルゴリズムに適合するよう、Googleビジネスプロフィールの内容を整えます。

これらの施策を行い、Google検索やGoogleマップで適切に表示されるようになることで、対策キーワードはもちろん、関連する地域検索でも上位表示されやすくなっていきます。

成果報酬MEO対策